女の人

害獣の駆除や対策【イタチ駆除をするなら業者に依頼すると楽】

駆除業者に問い合わせる

2人のワーカー

自分でイタチ駆除をするためには市町村から許可が必要になります。しかし、駆除業者に駆除を依頼することで許可は必要ないため、簡単にイタチなどの害獣を駆除することができます。

詳細へ

イタチの被害や対策方法

イタチ

日本には害獣の被害件数が非常に多いです。畑などを荒らしたり農作物の収穫ができなくなったりしてしまうこともありますし、家に住み着いたりして騒音や異臭を放ったりして生活に支障をきたしてしまうこともあります。これらの被害に悩んだら駆除をする必要があります。害獣によって駆除や対策方法が変わってくるため、事前に種類を知る必要がありますが、被害にあっている害獣の種類がわからない状況であれば、専門の業者に依頼することで解決します。

最近ではイタチによる被害が多いです。特に関西地方に多く生息していることがわかっているため、これらの地域で駆除をしている人が多いです。イタチはハクビシンなどと違って果実などの甘いものを食べずに、ネズミなどの肉を食べます。肉食獣に分類されるためモグラなども食べますし、カニや昆虫など幅広い生き物を食べます。他にも、庭の池で飼っている鯉や家畜として飼っている鶏なども食べてしまいます。排泄物はハクビシンの糞よりも強烈な臭いを発するため、悪臭の被害が多いのも特徴です。それと、状況によっては農作物を荒らすこともあるため、食べ物の範囲は比較的大きいです。

イタチは専用の捕獲器でイタチ駆除ができますが自分で設置するのは難しいため、業者に駆除を依頼することが大切です。専門の業者であれば自分でイタチ駆除をするよりも、確実にイタチを捕獲してくれます。捕獲だけでなく侵入口も塞いでくれることもあるため、再びイタチが侵入することを防いでくれます。

見積もりをして駆除を依頼

男性作業員

見積もりをすることができたら次はイタチ駆除をする日を決めることになります。駆除をする日は自分の好きな日にちにすることができますが、業者によってはできない日もあるため、事前に確認しておくことが大事です。

詳細へ

イタチを駆除してから

住宅

駆除日に捕獲器などを設置してもすぐにイタチが捕獲されているとは限りません。そのため、後日再びイタチ駆除業者が来てから、中身を確認します。もし、捕獲できていなくても、再び捕獲器を設置します。

詳細へ